アイペットクリニック

お知らせ

2024.01.31

ご報告2024.1.31

No Image

本日から入院のマンチカンのAちゃん

退院まで一緒に頑張ろうね(^_^)

 

入院中の様子のご報告を希望されない場合はご連絡くださいませ

 

2024.01.30

2月パピー教室のご案内(*^^*)

2月パピー教室のご案内(*^^*)

当院では生後約半年までのわんちゃんを対象に、月に1度パピー教室を実施しています!

わんちゃんの性格形成や社会化は生後約6ヵ月までとされており、それまでの時期にいろんな経験をさせてあげたり、適切なしつけや接し方を学んでおくことは今後の動物との生活に大きな影響を与えるためとても重要です。

パピー教室ではわんちゃん同士(最大6組)交流してもらいます。その過程で社会化を促し、専門のトレーナーからしつけのご指導をさせて頂き、わんちゃんとご家族がより良い関係性を築き、楽しく過ごしていくためのサポートをさせて頂いております。

 

初めてわんちゃんを飼われる方はもちろん、飼われたことがある方にもとても有意義な機会になりますので、ぜひご参加ください!(^^)!

 

予約が必要ですので気になられた方はお気軽にお問合せください(*^^*)

2024.01.27

ご報告2024.1.27

No Image

本日から入院のトイ・プードルのAちゃん

検査中もお利口にしてくれています(^-^)

入院中の様子のご報告を希望されない場合はご連絡くださいませ

2024.01.24

ご報告2024.1.24

No Image

本日のCちゃん

検査も処置も良い子にしてくれてます(^_^)

本日のLちゃん

ゴハン自分から食べてくれました(^_^)

 

入院中の様子のご報告を希望されない場合はご連絡くださいませ。

2024.01.23

ご報告2024.1.23

No Image

本日のLちゃん

検査頑張ってくれています(^^)

本日のCちゃん

お部屋でお利口にしてくれています(*^_^*)

 

 

入院中の様子のご報告を希望されない場合はご連絡くださいませ。

2024.01.22

ご報告2024.1.22

No Image

本日から入院のトイプードルのLちゃんです

お部屋でお利口にしてくれています(*^^*)

 

本日から入院のトイプードルのCちゃん

今日は手術頑張ってくれました(^^)

 

本日のWちゃん

ご家族の方が面会に来てくださいました(*^_^*)

 

入院中の様子のご報告を希望されない場合はご連絡くださいませ。

2024.01.21

ご報告2024.1.21

No Image

本日から入院のトイプードルのWちゃん

本日は処置を頑張ってくれました(*^^*)

 

入院中の様子のご報告を希望されない場合はご連絡くださいませ。

2024.01.18

1月パピー教室のご案内(*^^*)

1月パピー教室のご案内(*^^*)

当院では生後約半年までのわんちゃんを対象に、月に1度パピー教室を実施しています!

パピー教室ではわんちゃん同士(最大6組)交流してもらいます。その過程で社会化を促し、専門のトレーナーからしつけのご指導をさせて頂き、わんちゃんとご家族のより良い関係性を築き、楽しく過ごしていくためのサポートをさせて頂いております。

 

初めてわんちゃんを飼われる方はもちろん、飼われたことがある方にもとても有意義な機会になりますので、ぜひご参加ください!(^^)!

 

予約が必要ですので気になられた方はお気軽にお問合せください(*^^*)

 

2024.01.18

ドライアイの治療①

ドライアイの治療①

こんにちは!獣医師の藤井です(*^^*)

今回はドライアイの治療についてご紹介します!

ドライアイは様々な原因による涙の量の低下や、正常な瞬きが出来ない事によって角膜が乾燥し、角膜の表面が黒く濁って物が見えにくくなったり、灼熱感による不快症状や目ヤニや傷など、様々な眼のトラブルを引き起こしたりします

 

ペキニーズ 7歳 男の子

ドライアイの経過が長い患者様で、他院にて3種類の目薬で治療されており、今回セカンドオピニオンで当施設を受診されました

来院時は右眼が赤く眼球が飛び出たような状態で、角膜全体が黒く濁り角膜の中心部は傷があり、そこに目ヤニが固まって盛り上がっている状態でした(下のお写真)

今回の場合は涙がほとんど出ておらず角膜が乾燥し、摩擦によって瞬きが出来ず眼球が前に出てきて、更に瞬きが出来なくなる悪循環に陥っている状態でした

治療はまずは傷を治す目薬の治療を3週間行い、傷が改善した頃からドライアイの治療に移り、保湿効果が高く角膜表面の潤滑を良くする目薬の治療を行いました

 

ドライアイの治療開始から1か月後のお写真です↓

角膜中心部の盛り上がりや赤みや目ヤニは改善し、正常に瞬きが出来るようになって、赤くてこぼれ落ちそうに飛び出ていた眼球は正常な位置に戻っていました(^^)

ドライアイは基本的に付き合っていく眼の病気なので、今後も目薬の継続や定期検査が必要ですが、今のところ1種類の目薬で安定してくれています(^-^)

継続治療はご家族やわんちゃんの協力が不可欠なので、続けやすい治療をこれからも心がけていきたいです!(^^)!

2024.01.16

ご報告24.1.16

No Image

本日のRちゃん

ご飯少しずつ食べてくれています(^-^)

 

入院中の様子のご報告を希望されない場合はご連絡くださいませ。

Recent Entry

    ご報告2024.5.22
    ご報告2024.5.21
    ご報告2024.5.20
    緑内障の治療②~シリコンインプラント挿入術~
    ご報告2024.5.19
    ご報告2024.5.18
    ご報告2024.5.17
    片山獣医師復職による眼科診療日のお知らせ
    ご報告2024.5.14
    ご報告2024.5.13

Archives