アイペットクリニック

皮膚科BLOG

2021.04.13

スキンケアの工夫シリーズ 「シャンプーの工夫」

No Image

こんにちは

看護師の丸井戸です!

短くても効果的に出来るスキンケアの工夫をお伝えしていくシリーズ

今回は「シャンプーの工夫」についてです!

なかなか落ち着いてシャンプーをさせてくれない子はいないでしょうか。

もちろん性格的な個人差は大きいと思いますが

シャンプー時の工夫で少し変わるかもしれません。

 

1 滑らない工夫を

シャンプーの際お風呂の床や湯船の中

あるいは大き目の桶の中で洗う場合が多いと思いますが

滑る素材の場合わんちゃんが不安になり

落ち着いてシャンプーをさせてくれないことがあります。

また滑ること自体足腰に負担をかけ怪我にも繋がります。

私たちもツルツル滑るお風呂は落ち着かないですよね!

ゴム製のマットを敷いてあげることで

安定感が増し落ち着いてシャンプーをさせてくれる場合があります。

 

2 シャワーの距離感に注意

中にはシャワーが怖くて落ち着かない子がいます。

その際シャワーを遠くから当てる程

お湯の勢いが強く感じ怖がる子が多い印象を受けます。

そのためシャワーのヘッド部分を手のひらで持ち

一度お湯を自分の手のひらで受け止め勢いを適度に調節しながら

なるべく近くで体に沿わせるように当てた方が怖がらないでしょう。

 

3 泡風呂でもOK

以前の回でご紹介しましたが、シャンプーの基本は泡で洗うことです。

しかしすぐ動いてしまい落ち着いて泡で洗うことが難しい場合もあるかと思います。

その場合には先に適度な大きさの桶や湯船の中に十分な泡を作り

かけ流しの泡風呂のようにすると中の泡で何度も洗うことが出来ます。

シャンプーで洗う前のシャワーも、同じように桶や湯船にお湯を貯め

かけ流し入浴のようにすると良いかもしれません。

 

今回は、シャンプーの間落ち着かない子のための工夫についてでした

いかがでしたでしょうか。

是非試してみてください!

シャンプーの方法や乾かし方ひとつで皮膚の状況はかなり変わるため

難しい場合はトリミング施設でプロにお任せすることもとても効果的です。

シャンプーの方法に不安や疑問がある場合は

是非一度アイ・ペットクリニック皮膚科までご相談ください!

2021.04.08

(重要) 4月12日の皮膚科専門診察をご予約の飼い主様へ

No Image

こんにちは

看護師の丸井戸です。

 

4月12日の皮膚科診察についてです。

皮膚科診察は通常通り対面で行います。

よろしくお願いいたします。

 

2021.03.01

スキンケアの工夫シリーズ 「シャンプーの種類」

No Image

こんにちは

看護師の丸井戸です!

 

短くても効果的に出来るスキンケアの工夫をお伝えしていくシリーズ

今回は「シャンプーの種類」についてです!

 

シャンプーは主に水と界面活性剤から出来ています。

この界面活性剤の種類によってシャンプーの特徴が変わります。

まずは代表的な界面活性剤の種類についてご紹介します。

 

○高級アルコール系

石油から作られることが多く、硫酸系の界面活性剤が含まれます。

高い洗浄力を持ち強い皮膚汚れには効果的ですが

皮膚への刺激が強く皮膚バリアが弱い子には注意が必要です。

(ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウムなど)

 

○石鹸系

植物油から作られており、比較的穏やかな性格を持っています。

石鹸の成分の性質上、毛が軋むことや開いたりしてしまう場合があります。

(オレイン酸ナトリウム、ラウリン酸ナトリウムなど)

 

○アミノ酸系

アミノ酸と脂肪酸から作られる界面活性剤です。

洗浄力はやや劣りますが、皮膚への刺激が少ないことがメリットです。

(ココイルグルタミン酸ナトリウム、ラウロイルメチルタウリンナトリウムなど)

以上のように、一般的に洗浄力の強いものは皮膚への刺激が強く

皮膚に優しいものは洗浄力が弱い傾向にあります。

保湿剤が配合されていることが肌に優しいことではなく

使われている界面活性剤によって

シャンプーの優しさは異なります。

ひとりひとり合うシャンプーは異なりますし

同じ子でも季節や肌の状態によって

適切なシャンプーは変わってきます。

夏と冬ではシャンプーに

求められる洗浄力は変わってきますし

皮膚への優しさを考慮するあまり十分に

汚れが落とせていないかもしれません。

ですので、定期的な皮膚のチェックをおススメいたします!

シャンプーの種類にお悩みの方は

是非一度アイ・ペットクリニック皮膚科診療をご検討下さい!

その際は使われている成分が分かるよう

使っているシャンプーボトルや

成分表の写真があると助かります!

2021.02.27

(重要) 3月1日の皮膚科専門診察をご予約の飼い主様へ

No Image

こんにちは

看護師の丸井戸です。

 

3月1日の皮膚科診察についてです。

緊急事態宣言が2月末で一部解除されることから

3月の皮膚科診察は通常通り対面で行います。

よろしくお願いいたします。

 

2021.01.31

(重要)2月8日の皮膚科専門診察をご予約の飼い主様へ

No Image

2月8日の皮膚科専門診察をご予約の飼い主様へご案内をさせて頂きます。

新型コロナウイルス感染症について再び緊急事態宣言が発令された状況を考慮し、

2月8日(月)は神田先生による“オンライン形式”での診察とさせて頂きます。

よろしくお願いいたします。

アイ・ペットクリニック 皮膚科スタッフ

以下再掲

****************************************

新型コロナウイルス感染リスク軽減のため”皮膚科専門診察”形式変更のご案内

 

皮膚科専門診察を受診される飼い主様へ

これまで当院では皮膚科専門診察を行う獣医師(以下:皮膚科獣医師)を

院外(県外)からお招きして皮膚科専門診療を行ってきました。

しかし新型コロナウイルス感染症拡大状況下においては、

長距離の移動を伴う診察形式は感染リスク増加が懸念されます。

そこで状況に応じてではありますが

オンライン形式の診察に変更させて頂く場合がございます。

何卒ご理解ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 

以下の場合、オンライン形式での診察に変更させて頂きます。

(1)政府から奈良県を対象に緊急事態宣言が発令された場合

(2)政府から皮膚科獣医師の居住都道府県を対象に緊急事態宣言が発令された場合

(3)政府から広域に対象に緊急事態宣言が発令され移動そのものが困難である場合

(4)緊急事態宣言の発令はないが対策を講じるべき状況であると当院が判断した場合

 

オンライン形式での診察は以下の流れで行われます。

(1)まず当院のスタッフによる問診を行います。

(2)次にわんちゃん/ねこちゃんをお預かりいたします。

(3)テレビ電話形式で、皮膚科獣医師は皮膚の状態を把握します。

(4)必要があれば当院スタッフが検査を行います。

(5)最後に皮膚科獣医師から、テレビ電話形式で飼い主様と治療方針をお話いたします。

 

以下の点についてご容赦ください。

(1)当日の通信状況によっては通常診察より少し待ち時間が発生する場合がございます。

(2)まれにですが通信状況が不十分な場合、最後のテレビ電話形式での会話が満足に行えない可能性がございます。その場合は当院スタッフから皮膚科獣医師の治療方針をお伝えさせて頂くことになります。

(3)初診料および再診料は通常診察と同じです。オンライン形式では状況の把握が困難であると予測される場合、初診の方はお断りさせて頂く場合がございます。

(4)オンライン形式の診察に変更となる可能性をご理解の上、ご予約ください。

 

診察の形式は決まり次第、当院ホームページ内の皮膚科ブログにて告知させて頂きます。

 

突然の診察形式の変更で、ご不便をおかけし大変申し訳ございません。感染症の動向に注意し、出来る限り通常の診察に戻していきたいと思っております。今後とも皮膚科専門診察をよろしくお願いいたします。

 

アイ・ペットクリニック 皮膚科スタッフ

※アイ・ペットクリニックの獣医師による皮膚科診察は他科の診察と同様に通常通り行っております。予約状況については受付までお問い合わせください。

 

2021.01.26

皮膚科からのご案内

No Image

(重要)新型コロナウイルス感染リスク軽減のため”皮膚科専門診察”形式変更のご案内

 

皮膚科専門診察を受診される飼い主様へ

 

これまで当院では皮膚科専門診察を行う獣医師(以下:皮膚科獣医師)を院外(県外)からお招きして皮膚科専門診療を行ってきました。しかし新型コロナウイルス感染症拡大状況下においては、長距離の移動を伴う診察形式は感染リスク増加が懸念されます。そこで状況に応じてではありますが、オンライン形式の診察に変更させて頂く場合がございます。何卒ご理解ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 

以下の場合、オンライン形式での診察に変更させて頂きます。

(1)政府から奈良県を対象に緊急事態宣言が発令された場合

(2)政府から皮膚科獣医師の居住都道府県を対象に緊急事態宣言が発令された場合

(3)政府から広域に対象に緊急事態宣言が発令され移動そのものが困難である場合

(4)緊急事態宣言の発令はないが対策を講じるべき状況であると当院が判断した場合

 

オンライン形式での診察は以下の流れで行われます。

(1)まず当院のスタッフによる問診を行います。

(2)次にわんちゃん/ねこちゃんをお預かりいたします。

(3)テレビ電話形式で、皮膚科獣医師は皮膚の状態を把握します。

(4)必要があれば当院スタッフが検査を行います。

(5)最後に皮膚科獣医師から、テレビ電話形式で飼い主様と治療方針をお話いたします。

 

以下の点についてご容赦ください。

(1)当日の通信状況によっては通常診察より少し待ち時間が発生する場合がございます。

(2)まれにですが通信状況が不十分な場合、最後のテレビ電話形式での会話が満足に行えない可能性がございます。その場合は当院スタッフから皮膚科獣医師の治療方針をお伝えさせて頂くことになります。

(3)初診料および再診料は通常診察と同じです。オンライン形式では状況の把握が困難であると予測される場合、初診の方はお断りさせて頂く場合がございます。

(4)オンライン形式の診察に変更となる可能性をご理解の上、ご予約ください。

 

診察の形式は決まり次第、当院ホームページ内の皮膚科ブログにて告知させて頂きます。

 

 

突然の診察形式の変更で、ご不便をおかけし大変申し訳ございません。感染症の動向に注意し、出来る限り通常の診察に戻していきたいと思っております。今後とも皮膚科専門診察をよろしくお願いいたします。

 

アイ・ペットクリニック 皮膚科スタッフ

 

※アイ・ペットクリニックの獣医師による皮膚科診察は他科の診察と同様に通常通り行っております。予約状況については受付までお問い合わせください。

2021.01.04

ねこちゃんの顎下アクネ

No Image

こんにちは、看護師の丸井戸です!

 

今日はねこちゃんのお話です!

突然ですが、ねこちゃんのアゴの下

気になったことはありませんか?

ねこちゃんの中にはアゴの下に黒いブツブツが出来ている子がいます。

ほとんどが軽度なもので問題にはなりません。

しかし中には強い皮膚炎を引き起こすことがあります。

悪化する原因としては以下のようなことが考えられます。

1 グルーミングを上手くできない

2 ブラッシングなどスキンケアの問題

3 皮脂や毛包(毛穴)のトラブル

4 ストレス

5 ウイルス感染や免疫の病気

6 細菌や真菌などの感染

 

軽度では治療の必要はありません。

しかし、ねこちゃんがアゴをひどく掻いたり擦りつけたりする場合や

ひどく赤みが出る場合には検査や治療が必要でしょう。

多くは外用療法(消毒や洗浄、塗り薬など)が中心となりますが

症状や猫ちゃんの性格などによって治療法を決めています。

『うちの子のアゴちょっと気になる…』という方は、

ひどくなる前に是非アイ・ペットクリニックまでご相談下さい!

2020.12.14

しわやヒダのケアについて

No Image

こんにちは!

看護師の丸井戸です。

前回のブログでは犬や猫のしわやヒダには、

日常的なスキンケアが効果的であることをお伝えしました。

今回は具体的なスキンケアの方法をお伝えしていきます!

大切なことは汚れをこまめに落とすことです!

シャンプーで洗うことや、抗菌剤・クレンジング剤による部分的なコットンの拭き取りが有効です。

蒸しタオルをあてて皮脂を浮かし拭き取ることも有効です

(ホカホカのおしぼりで顔を拭くとサッパリするイメージです・・・!)。

[(例)ヒビテン液]

皮脂をとった後は乾燥を防ぐために

クリームやローションの潤滑剤や保湿剤を塗ってあげることも効果的です。

ただし、塗ったまま置いておくことも汚れの原因となることがあるので

日々のこまめなスキンケアが大切です。

梅雨や夏に、部屋の温度と湿度を管理することも重要です。

雨で濡れて生乾き状態にならないように注意しましょう!

病院に来るわんちゃんの中には

顔のしわや足先を触ることに慣れていない子たちがたくさんいます。

触れないと、ケアもできないので仔犬の頃から少しずつトレーニングをしてください!

また太ったことにより出来てしまうしわやヒダにも気を付けましょう。

嫌がるようであれば、病院でのケアの練習など病院でも相談に乗らせていただきます。

一緒に頑張って最適なスキンケアを探しましょう!

皮膚炎がひどい状態になると治療は大変で

期間も通院もたくさん必要となりますので

お悩みの方は是非一度アイ・ペットクリニックまでお気軽にご相談下さい!

2020.11.02

膿皮症ってどんな病気?パート2

No Image

看護師の丸井戸です。

前回に引き続き、今回も先生に膿皮症に関する質問をしてみました!

 

○膿皮症の可能性があるわんちゃんをどうやって診断するのですか?

特徴的な皮膚症状が認められていたら

その部位からサンプルをとって顕微鏡で観察します。

細菌や炎症細胞が認められれば

膿皮症と診断することができます。

通常の場合シャンプーや消毒液を使用して治療を行いますが

飲み薬で治療する場合は効果のある

抗菌薬を調べる検査(薬剤感受性試験)を

行うこともあります!

○シャンプーで治りますか?

治療の中心はスキンケアになります。

シャンプーの種類や、保湿剤・入浴剤を組み合わせることで

高い効果が期待できます。

必要な場合は、抗菌薬の内服をすることもあります!

基本的に人や犬にうつることはありませんが

再発することも少なくないので注意が必要です。

 

○他に注意することはありますか?

高温多湿な環境下で膿皮症になりやすくなりますので

夏場は特にシャンプー頻度を増やすことが

膿皮症を予防するのに薬に立ちます。

また、ホルモンバランスの異常など

皮膚以外のトラブルがあり

代謝や免疫力が低下すると細菌感染が起こりやすくなるため

発症を繰り返す場合

内分泌(ホルモン)疾患がないか調べる必要があります。

 

○耐性菌ってなんですか?

膿皮症の際に抗菌薬を投与したことで

皮膚に常在するブドウ球菌が抗菌薬に対して

抵抗性を示すようになることです(薬剤耐性菌)。

耐性菌を作らないためには

病院で処方された薬を途中で止めることや

膿皮症を治す時に薬だけに頼ることはやめて欲しいです。

 

膿皮症の質問コーナーは今回で終了です!

シャンプーでのケアが大切ですが

皮膚の状態によっても合うもの・合わないものがありますので

お悩みの方は是非一度アイ・ペットクリニックまでご相談下さい!

2020.10.12

VDT(Vet Derm Tokyo)皮膚科診療のご紹介

VDT(Vet Derm Tokyo)皮膚科診療のご紹介

こんにちは、動物看護師の丸井戸です。

今回は病院ホームページの変更に伴い

改めて皮膚科特別診療のご紹介を致します。

アイ・ペットクリニックでは

毎月1回VDTの獣医師による皮膚科特別診療を行っており

今年で4年目を迎えました。

VDTとは、獣医皮膚科・耳科を専門とし

プロフェッショナルな技術を提供する獣医チームです。

皮膚病の診断や治療を始め

耳科、予防皮膚科、脱毛、スキンケアなど

皮膚に関する悩み全般の解決をお手伝いします。

当院ではVDTから神田先生、下浦先生に

お越し頂いております。


神田聡子 先生
獣医師・獣医学博士 / 日本獣医皮膚科学会認定医
[得意皮膚科] アトピー性皮膚炎、猫の皮膚科


下浦宏美 先生
獣医師 / 日本獣医皮膚科学会認定医
[得意皮膚科]  アトピー性皮膚炎、皮膚感染症、脱毛症

 

診察までの流れは、まず当院獣医師での診察が必要です。

事前に診察を行うことでVDT獣医師のいない診察日でも

VDT獣医師と当院獣医師間での連携した治療を

継続して行うことができます。

当院獣医師の診察時にVDT皮膚科外来日の予約を行い

皮膚科特別診療用の問診票をお渡しいたします。

偶数月の第2月曜日が神田先生

奇数月の第1月曜日が下浦先生の担当です。

※現在新型コロナウイルス感染症の影響に伴い

担当獣医師の交代をさせて頂く場合がございます。

ご不便おかけし申し訳ございません。

これまでたくさんの方にお越し頂くことが出来ました

ありがとうございました。

これからも私たちは皮膚でお悩みの方の力になりたいと思います。

是非一度アイ・ペットクリニックまでご相談下さい!

※皮膚科に特化した専門の診療を提供しておりますので

皮膚に関する以外のお悩みは一般外来で承ります。

また、初診料・再診料が通常診察と異なりますので

予約の空き状況と合わせてお問い合わせ下さい。

Recent Entry

    スキンケアの工夫シリーズ 「シャンプーの工夫」
    (重要) 4月12日の皮膚科専門診察をご予約の飼い主様へ
    スキンケアの工夫シリーズ 「シャンプーの種類」
    (重要) 3月1日の皮膚科専門診察をご予約の飼い主様へ
    (重要)2月8日の皮膚科専門診察をご予約の飼い主様へ
    皮膚科からのご案内
    ねこちゃんの顎下アクネ
    しわやヒダのケアについて
    膿皮症ってどんな病気?パート2
    VDT(Vet Derm Tokyo)皮膚科診療のご紹介

Archives